塾には行った方がいい?

中3になると高校受験が控えているので、塾に通う方がよいのかどうか悩みどころのです。

では、実際に、中3の受験勉強をするのに塾に行った方が良いのでしょうか?

結論からいうと、それはその人次第です。

塾に行く必要性を感じているためあれば行った方が良いですし、必要性を感じていないのであれば行く意味がありません。

例えば、今のままでも十分、希望の高校に入学できる学力レベルの場合は、わざわざ塾に通う必要はないでしょう。

逆に、塾に通う事によって周囲の雰囲気に飲まれて、焦りが生まれてしまい、受験で失敗する可能性があります。

そうなるくらいなら、塾には通わずに自宅で勉強する方がよっぽどいいですよね。

でも、今の学力(人間の基本的な能力の一つだと考えられています)レベルだと希望の高校に入学できない場合には、塾に通った方が良いですね。

学校では教わることが出来ないくらいの勉強方法をマスターできたり、学校の先生の授業よりもわかりやすいこともあるので、めきめき学力(学業成績が優秀だからといって、仕事ができるとは限りませんが、試験などの際には有利かもしれません)レベルが上がっていくなんですね。

また、意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)の高い人たちと一緒に授業を受けることでモチベーション(生理的動機づけ、社会的動機づけに分けることが出来るでしょう)を維持できたり、競争意識が生まれて今以上に頑張ろうという気持ち(日記を付けることで整理しやすくなるはずです)になれることもあります・PR:スマイルゼミ タブレット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です